スリーニング検査

睡眠時無呼吸症候群の治療法

あなたは睡眠時無呼吸症候群

スリーニング検査

通常、「睡眠時無呼吸症候群」の検査は病院で受けるものですが、実際には自覚症状があってもなかなか病院へ足を運ぶ事が出来ない人が多いのではないでしょうか。たかが「いびき」で受診するのが大げさに感じられためらわれる人や、女性の場合は「いびき」での受診が恥ずかしいと思う人もいるでしょう。

また、病院でも検査は、入院してのポリグラフ検査が一般的ですから、忙しい現代人はその日程を押さえるのが難しいという人もいるでしょう。だからと言って放置していると、後で取り返しのつかない事になってしまう可能性があるのが「睡眠時無呼吸症候群」なのです。そんな時はまず、ポリグラフ検査ほど正確な検査結果がでるわけではありませんが、自宅で簡単に出来るスリーニング検査を行う事をおすすめします。

これは自宅で出来る検査方法で、簡単な検査器具を装着して眠る事によって、検査結果が出るというものです。就寝時、腕時計の様な形の小型の検査器具を腕につけると共に、鼻と指にセンサーを取り付けます。

この状態で眠る事によって、睡眠中の脈拍や無呼吸状態を記録するのです。この検査によって「睡眠時無呼吸症候群」の可能性があると診断された場合、改めて入院してのポリグラフ検査を行い、更に詳しく症状をみてゆく事になります。

またスリーニング検査では、無呼吸状態や脈拍の情報を得られても、睡眠の深さや覚醒についての情報は得られません。更に詳細な情報を得る為には、やはりポリグラフ検査が必要になります。その為、すでに自分は無呼吸状態があるという自覚がある人の場合は、始めからポリグラフ検査を行うと良いでしょう。

睡眠時無呼吸症候群を知る
あなたは睡眠時無呼吸症候群
合併症
治療方法
睡眠時無呼吸症候群を予防するために
睡眠障害に関する様々なサイト
Copyright (C) 睡眠時無呼吸症候群の治療法 All Rights Reserved