減量

睡眠時無呼吸症候群の治療法

治療方法

減量

睡眠時無呼吸症候群の原因には様々なものがありますが、その中でも主なものに肥満があります。肥満によって空気の通り道が狭く気道が塞がってしまうのです。首やあごだけでなく、下やのどなどにも余分な脂肪がついてしまい、上気道が狭くなってしまうなど、肥満が原因の症状も多々あります。

このタイプの人は、他の治療法と併用しつつ、肥満を解消しなくては症状の改善はなかなかみられないでしょう。また、症状が軽いうちならば、肥満を解消するだけで睡眠時無呼吸症候群が治ったという例もあります。

しかし睡眠時無呼吸症候群が重症な場合は別で、睡眠時無呼吸症候群の治療を先に行わないと、減量の効果がでにくいばかりか大きなリスクを伴う危険性もあります。この様な状況の人は、必ず主治医と相談しながら肥満解消に取り組んで下さい。

睡眠時無呼吸症候群の原因となる肥満ですが、それだけではなく肥満が原因の合併症を引き起こす可能性もあります。減量する事により、高血圧や高脂血症、糖尿病、更には脳梗塞や心筋梗塞などの恐ろしい疾患へのリスクを下げる事にもなるのです。

睡眠時無呼吸症候群において減量効果が期待できるのは、体重の約5?10%位です。急激に体重を落とそうとしたりせず、ゆっくりと着実に取り組む事が大切です。減量方法は、睡眠時無呼吸症候群だからといって特別なものはありません。通常の減量方法と同じです。食事療法だけでは体重はなかなか落ちにくいので、有酸素運動を取り入れると効果が高まるでしょう。

睡眠時無呼吸症候群を知る
あなたは睡眠時無呼吸症候群
合併症
治療方法
睡眠時無呼吸症候群を予防するために
睡眠障害に関する様々なサイト
Copyright (C) 睡眠時無呼吸症候群の治療法 All Rights Reserved