睡眠時無呼吸症候群の種類と重症度

睡眠時無呼吸症候群の治療法

睡眠時無呼吸症候群を知る

睡眠時無呼吸症候群の種類と重症度

「睡眠時無呼吸症候群」は3種類のタイプに分けられます。最も多いのは「閉塞型睡眠時無呼吸症候群(OSAS)」?で、患者の95%以上がこのタイプです。のどの部分が狭く睡眠中につぶれやすくなる為、閉塞してしまって空気が通らなくなるタイプです。口や鼻からは息をしていませんが、胸部や横隔膜などは呼吸をしようとしている状態のものを言います。これは主に、肥満の人や、舌の肥大がある人などに起こります。

2つ目は「中枢型睡眠時無呼吸症候群(CSAS)」で、閉塞型がのどの閉塞によって症状が出るのに対し、呼吸中枢から呼吸筋に対しての刺激が上手く働かずに機能が停止し、呼吸運動そのものが消滅してしまうものです。このタイプは大変に稀だと言われています。?

最後は「混合型睡眠時無呼吸症候群(mixed type)」と呼ばれるものです。「中枢型」ではじまり「閉塞型」の無呼吸に移り、これを繰り返すというものです。患者数は「中枢型」よりはやや多く、通常このタイプは「閉塞型」の一部としてみられています。

「睡眠時無呼吸症候群」の重要度の判定には「無呼吸低呼吸指数(apnea hypopnea index:AHI)」という方法が使われます。睡眠1時間あたりの無呼吸(口・鼻の気流が10秒以上停止する事)と低呼吸(10秒以上換気量が50%異常低下する事)の平均回数を調べる事で判定されます。

この数値が5?15は軽度、16-30は中等度、30以上を重度、45-100+を最重度とします。病院での治療の対症となるのは、中等度以上の人です。日本人には30以上と診断される患者がかなり多くいます。

睡眠時無呼吸症候群を知る
あなたは睡眠時無呼吸症候群
合併症
治療方法
睡眠時無呼吸症候群を予防するために
睡眠障害に関する様々なサイト
Copyright (C) 睡眠時無呼吸症候群の治療法 All Rights Reserved