自分でできる予防法

睡眠時無呼吸症候群の治療法

睡眠時無呼吸症候群を予防するために

自分でできる予防法

自覚症状がわかりにくいため、病院へ行かない睡眠時無呼吸症候群予備軍の人が沢山いると言われています。しかし睡眠時無呼吸症候群は、一歩間違えると命にかかわる事もある病気です。もちろん、自覚症状がある場合は病院で検査するのが大切ですが、日常でも自分でできる対策もあります。

まずは、睡眠時無呼吸症候群の人に多いと言われている肥満です。肥満を解消しただけで、軽度の睡眠時無呼吸症候群の場合は症状が改善する場合もあります。また、治療が始まっても、肥満を改善しなければ効果が出ない事が多いでしょう。睡眠時無呼吸症候群の心配がある場合には、まず肥満解消は大きな課題になります。

寝る時の身体の向きも大切です。仰向けに寝ると、睡眠中に重力の為に舌がのどの奥に落ちやすくなってしまいます。その為、舌が上気道を塞いでしまうのです。それを簡単に防ぐ方法が、横向きに寝る事です。この場合、寝返りをうって仰向けに戻ってしまわない様に、枕の片側半分に折り畳んだタオルを入れて傾斜をつけると良いでしょう。また、自分の頭にあった高さの枕を使う事も大切です。

寝る前のアルコールも、睡眠時無呼吸症候群の症状を悪化させます。アルコールによって筋肉がゆるんでしまい、舌によって上気道が塞がれやすくなる為です。寝酒の習慣がある人は、それを控えてみましょう。

また、日中も出来る事があります。普段、日中に口呼吸で暮らしている人は、寝ている時にも口呼吸になります。口呼吸は大量に空気が入ってきますので、狭くなった上気道をと通る際に、のどが振動していびきになる事があるのです。普段から鼻呼吸を心がけるだけで、睡眠時にも鼻呼吸ができる様になってゆきます。 これらはあくまでも予防策として考え、もし睡眠時の無呼吸や大きないびきなどを家族に指摘された場合などは、早めに受診して適切な治療を行って下さい。

睡眠時無呼吸症候群を知る
あなたは睡眠時無呼吸症候群
合併症
治療方法
睡眠時無呼吸症候群を予防するために
睡眠障害に関する様々なサイト
Copyright (C) 睡眠時無呼吸症候群の治療法 All Rights Reserved